あわら温泉 べにや 女将のブログ

文房流とべにや

「綺麗なお花ですね♪いろいろ写真を撮らせていただきました」
お客様にお声を掛けて頂き、私は得意になっちゃいました(#^.^#)

「芦原温泉は、昭和31年の大火でべにやは、全焼しました。そして32年に再建いたしました。
その時には、多くの方々のお力を頂きました。
このお花を活けて下さる 福井文房流家元姉崎先生にも、再建時には、お道具集め他、多くの分野でお力頂き
今も、べにや創りに協力を頂いています」

文房流姉崎家とは、大火の前から、再建〜現在に至るまで べにやのすべてを知って下さる切っても切れない
関係です。ですから〜お花を活ける、べにやへの思いも熱いのです(#^.^#)

「紫苑の間の、掛け軸〜もう取り替えてくださいね」先生のご指導に慌てる私。
生きたお花に、床の間の飾り〜 日本文化の素晴らしさを教えて頂きます。
まだまだ、自立できない私ですね(#^.^#)
                            2015・07・17   女将
                       

 

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック